Cafe De Bangkok
Top
カテゴリ:★タイ★( 39 )
今日は選挙日
タイでは、今日8月29日にバンコク都知事選挙があります。
選挙のある前日、当日はなんとお酒・アルコールが販売禁止になります。
スゴイ。

日本ではあり得ない…ですね。誰かがこっそり販売してそうな…。

こういう法律をきちんと守っているタイ国民、すごい。
レストランなどでもアルコール類は販売禁止。
売り上げがー!とか気にしている場合ではないんでしょうね。
ほんと、昨日の夜も土曜の夜なのに、スクンビットもまったく静か~でした。
お酒を飲みたい人はすでに近隣のパタヤとかに行ってるとか…。

で、レストランでもお酒は出さないし、コンビニ行ったらあーら!
新聞紙で酒類が覆い隠されています…。
すごい徹底ぶりですね。

さてさて、選挙の結果やいかに…。
<本日メニュー>
朝:ヨーグルト、トースト、アップルジュース
昼:パン、サシソン
夜:ソムタム、イェンタフォー@ルンピニ公園内食堂

b0000374_14115895.jpg

[PR]
by rota_bkk | 2004-08-29 14:10 | ★タイ★
郷に入れば郷に従え
海外旅行をする時や、海外に留学、働く、住む、というときの鉄則はこれ。

郷に入れば郷に従え。

いろんな国に住んでみて、いろんな人と接してみて、はやくその国に慣れるには、その言葉や習慣を見よう見まねでやってみることが一番の近道だと思います。

ホテルで働いていた時に、タイ語も習おうとせず(確かにタイではタイ語を話さなくても生活できますが)、あくまでも自分の西洋文化を押し通すファラン(白人)上司と、タイ語を少しでも覚えて、タイ人スタッフとタイ語でコミュニケートしようとするファラン研修生がいました。

もちろん、マネージメントと研修生(トレーニー)では格も違うので、タイ人スタッフからしてみたら、研修生の方が親しみがわくのも当然かもしれません。でも実際にタイで働く外国人としては同じ条件。もちろん、この上司は裏で悪口を言われ続け、後から入ったトレーニーはすぐにみんなの人気者になりました。(もちろんこの上司はこのトレーニーに嫉妬。)

ちょっと姿勢を変えて、努力をすれば気持ちよく現地スタッフと接することができる。その方が、自分の仕事もやりやすくなるし、いい環境になるというのに、多くの白人はアジアの国に来て、白人崇拝主義を目の当たりにして、勘違いしてしまう人が少なくない。(まあ日本人にしても当てはまるかもしれないけれど!?)

自国では全く普通の人でも、タイ(アジア)に来たら、あ~ら不思議、もてもてじゃありませんか。どゆこと?外国人(ファラン)というだけで、もてたり、友達ができたりすると、ちょっと錯覚しちゃいますよね。

いや、話がそれました。

本来話そうと思ったのは全く違う話になるんですけど…。ワイ。について話したかったんです。

ワイ(合掌)は、タイのマクドナルドのドナルドですら、街頭でワイをしています。
ミシュランのキャラクター、ミシュラン坊やもワイをしています。
ローカライゼーションしてますね。

タイの正式な挨拶、人と会うときには、この『ワイ』をします。
両手を合わせて、胸または顔の前で手を合わせます。
日本で言えば、お辞儀にあたるもので、それが丁寧さによって角度が変わるように、ワイも相手が目上に行けば行くほど、手の位置も上になります。(そうですよね…!?)

ホテルに勤め始めた頃、ワイがきたない!といわれ、かなりショックを受けました。
上司などに会う場合は、目下からワイを先にし、それを受けて目上の人もワイをするのです。
タイのホテルのチェックインの時などは、フロントのレセプションがうやうやしくワイをして歓迎してくれると気持ちいいものがあります。
営業に行く時も、お客さんに会うときには恭しく『サワディカー』といって、ワイをする。退出する時も、『サワディカー』+ワイ。
1年も過ぎると、お客さんからもワイがきれいだと褒められるようになった。
ホテルとか営業で何度もやったからね…。

でも、母が先日タイに来た時にふと一言。
『でもこのワイって台湾人にしたらぶっ飛ばされちゃうわよ。』

え?

とくに年配の人にこのワイやったら、日本でもそうだと思いますが、お仏壇に手を合わせるとか、亡くなった方に手を合わせる行為みたいに見えるので、まったくもって失礼極まりないことになります。

確かにそうだ。

タイの文化を知っているから、ワイはきれい、とか、礼儀がなってるな。と理解できるようになったけれどもたしかによくよく思い返してみると、私もはじめてタイに来た時に、この拝まれるのはちょっと抵抗があったような気も…。

ある国ではとても礼儀正しいことが、ある国では失礼なことにあたる、って考えてみればいろいろありそうですよね。うーん、これぞ異文化理解コース。
そうしてみたらあのフランスのビズ(ほっぺにちゅーの挨拶)だって、ステ氏(フランス人)と知り合うようになってからどうにか慣れたものの、初めの頃はなんで知らん人とチューせにゃならんのじゃ!と抵抗があったもんな…。

ということで、タイに初めて来て、目の前で拝まれてもびっくりしないでくださいね。
ゆっくり手を合わせて『サワディカー(男の人の場合は:サワディカップ)』と答えてあげてくださいな。

※注意:日本人の観光客の方で、よくホテルやレストランでワイをされるので、自分も返さなきゃ!ということでワイを返しますが、ワイは対等もしくは目上の人にするものなので、ホテルやレストランではワイを返さずに、会釈のみでOKです。

<本日メニュー>
朝:トースト、ブルーベリーヨーグルトドリンク、コーヒー
昼:ツナサラダ、トートマンクン、カルボナーラリゾット@ジムトンプソンカフェ
夜:おかゆ、ししゃも、味噌汁

b0000374_18495277.jpg

[PR]
by rota_bkk | 2004-08-26 18:48 | ★タイ★
ショッピングモールの体重計
不労所得で得られるものとして、これほどシンプル、
かつ理想的なビジネスモデルがあるだろうか?

人が多いところに設置するだけ。
労をせずして収入を得る。
これこそ理想の小遣い稼ぎ。

しかし、この体重計、置いたからといって
一体どれほどの人が実際に量るのだろうか?

10数年前の日本にもたしかデパートで見かけたような
気もするけれども、10数年前の私もまだ10代で記憶が定かではない。
しかし、確実に今の日本の(少なくとも東京)デパートで、
このような自動体重計というのは見当たらない。
台湾でも昔のショッピングモールで見かけたことがあるような気がする。
私としてみれば、この手のビジネスは70年代、80年代に存在しているものだという
認識があるので、今のバンコクで見かけると、ちょっと古くない?と思う。

で、今日は建てられてからしばらく経つけれど、 
WTC(旧ワールドトレードセンター、現ワールドセントラルプラザ?とかナントカ…)
の向かい側にある大きなBIG Cに行ったついでに再発見したものである。

エンポリアムやセントラルのような外国人も来る様なハイソなデパートでは
まず見当たらないが、ちょっとローカル色の高い、ロビンソンやBIG C、
あとは映画館などで、たまに見かける。
b0000374_17345691.jpg

ちら、と見たときに、カップルの女の子がちょうど量っているところだった。
一回1バーツ。

<ケース1>

彼氏 『お!自動体重計があるぞ。ちょっとお前最近太り気味じゃないのか、計ってみろよ』
彼女 『やだ、そんなことないわよ!』
彼氏 『いいから、いいから!1バーツだし。(←安い値段設定。)』
彼女 『きゃー、恥ずかしいじゃないの!』
彼氏 『ホラホラ、いいから乗ってみ!(どん)』←いちゃいちゃ。

カップルの場合はやっぱりじゃれあいながら乗ってみる確率が高いのだろうか?
しかし、これは大体女の子が公共の場で体重計に乗ってみて、
見られても恥ずかしくない体重(服の重さも入れて)の女の子が乗る確率が高い。
アジアだから男の人が女の子の体重にツッコミを入れても受け入れられるものの、
ヨーロッパやアメリカなどの白人社会で女性に対して体重ネタをツッコむのは
恐ろしいことである。その場で平手食わされそうな…。

<ケース2>
買い物のおばちゃん『ふー、買い物ついでにBIG Cに来たわ。あら、自動体重計。うちに体重計は無いし、そういえば前回計ったのはいつだったかしら、気になるから量ろうかしら。』

実用的理由から自動体重計に乗るというものか?
ダイエットを気にするご時世、日本のご家庭では家庭に1台体重計があるのは
結構普通だったりするのでは?
女の子ですもの!体重が気になる私の場合は、半キロ単位で一喜一憂するので、
毎朝、毎晩の体重チェックは欠かせない。タイに来てからすぐに体重計を購入した。

しかし、もしかしてタイの中流家庭ではそれほど体重計は置いていないのだろうか?
デパートでも、普通に体重計は売っている。しかし、これはもしかして
タイの中流以下の家庭で外でしか体重を量ることができない人がターゲットなのか?
いや、もし中流層以下の人をターゲットにしていたら、たかが1バーツでも体重乗るために
浪費はしないだろうから、それもどうだか…。そもそも、そうしたら月にどれほどの収入に
なるのか…。

<ケース3>
バックパッカー男 『お、自動体重計があるぞ』
バックパッカー女 『あら、私たち、国を出てから2週間くらい経つわ。太ったかしら、私。ちょっと量ってみたい。』

これこそ旅行者などにはありがたい設備?なのかも。
旅行先で太ったかどうかを手軽に確認できる。
まあ太ったとしても、旅行中にダイエットになるということは少ないので、
この増えた数字がそれほど脅威に映るかどうかは別として。
要はただ単に健康確認のために、ね。
旅行者には便利かもね。

<結果:憶測>
やはり娯楽施設のある場所、デパートや映画館などで、この自動体重計
よく見かけるので、主なターゲットは若者なのでは?
体重を娯楽の一つとしてとらえ、大勢でいるときに、ようよう、量ってみろよ!
とネタにその場を盛り上げるツールの一つとして提供されているのでは?

本当の答え、憶測募集中です。
他にもこんな人が使うのでは!?というのがありましたら、教えてください…。


<本日メニュー>
朝:ヨーグルト、ラズベリージュース
昼:ホイトート、トムヤムクェイティアオムー@BIG Cフードコート
おやつ:キャラメルマキアート@スターバックス
夜:チキンと野菜のスープパスタ

[PR]
by rota_bkk | 2004-08-24 17:33 | ★タイ★
マンゴスチン石鹸
私も詳しくはよくわからないのですが、一時期
『マンゴスチンせっけん』が流行ったとか流行らないとか…。
美容にいいということで取りざたされたのかしら?

どっちにしてもこのハンドメイドのフルーツやハーブ石鹸、
おみやげなどに最適です♪

この石鹸も普通にカルフールで売っていたものですが、
ウィークエンドマーケットとかでも60B(約180円)くらいで
いろんなハーブ石鹸が売られています。

本当にいいにおいなんですよ~♪
ほかにもパパイヤやマンゴーやら、ホホバなど、
一通りのハーブ・フルーツ系のものが売っているので
ぜひ試してみてくださいネ!
お肌つるつるになりそう☆

※マンゴスチン石鹸、日本では2500円くらいで売られているんですね…。
きっと高級な(?)マンゴスチンを使っているのでしょう…。


<本日メニュー>
朝:トースト、飲むヨーグルト、コーヒー
昼:とんかつセット@味里
夜:しいたけ野菜春雨スープ(の予定)

b0000374_20481517.jpg

[PR]
by rota_bkk | 2004-08-23 20:47 | ★タイ★
トゥクトゥク
b0000374_12201038.jpg


白人の観光客はトゥクトゥクが好きですよね。
よく暑い中、排気ガスにまみれてトゥクトゥクに
乗っているのを見かけます。
日本人も好きかも知れないけれど、
どちらかというと冷房の効いているタクシーに乗っているほうが
多い気がします。

確かに観光に来たら一度は乗ってみたいもの。
あの派手なネオンがついている、3輪バイクの
タイの風情たっぷりのトゥクトゥク。
旅行気分を盛り上げてくれるのは間違いない。

しかしタイに住んでいるとなると、このトゥクトゥク、
暑いし、空気は悪いし、あまり乗る機会がない。
値段も交渉制でよくわからないし…。
でもたまにタイ人がものすごい商売用の?野菜やら
プラスチックバッグをあふれんばかりにトゥクトゥクに載せて
移動しているのを見かけることもある。

ディナーの待ち合わせの時間に間に合わせようとしたのだけれど、
雨も降り、思い切り渋滞の時間にはまり込んだ。
モトサイが一番手っ取り早いのだけれど、なかなか見つからなかったので
ひさしぶりにトゥクトゥクにしてみた。
しかしこのネオン。派手。なんかバンコクライフもこういうのがあって
楽しい。ちょっと旅行者の気分になって楽しかった。

トゥクトゥクの運ちゃんも、可能な限りの狭いスペースに
車体をねじ込んで、割り込んで、とにかく目的地までいかに早く
到着できるか、頭をひねってくれる。
その割り込み技術たるや、脱帽ものです。


<昨日メニュー>
朝:マドレーヌ、シリアル、アールグレイティー
昼:三鮮餃子、牛肉麺@東來順
夜:シーザーサラダ、イタリアンソーセージ、バジルスパゲティ@パパアルフレド

[PR]
by rota_bkk | 2004-08-20 12:20 | ★タイ★
無料電話

b0000374_19345626.jpg


ドンムアン空港の出発ロビーには、市内無料電話があります。
ターミナル1には少なくとも、イミグレーションを通った後、
公衆電話の柱のうち、2つ設置されています。
携帯電話にはかけられませんが、02局番(バンコク市内)には
つながりますので、じゃんじゃん利用しましょう♪
[PR]
by rota_bkk | 2004-08-13 19:36 | ★タイ★
サービスアパートメント
タイでは最近では、サービスアパートメントがかなりの勢いで
ホテルを圧倒しつつあります。

駐在の人をはじめ、1ヶ月単位とかで滞在する人にとっては
キッチンや家具付きで、自分のお家のようにくつろげるサービスアパートは
かなりの需要がありますね。

有名な高級デパート、エンポリアムのとなりにある
エンポリアムスイーツは、多数の日本人のお客さんが利用していますよね。

今回は母は初めてサービスアパートメントに。
静かなランスアン通りに最近新しくできたNatural Ville
フランス系のマネージメントで、外国人の出張者や日本人などもたまに見かけます。
1階には、日本でもベーカリーで進出している『ルノートル』が入っています。
スイーツなども本格フレンチ風で最近結構日本人の間でも噂になっているみたいです。

できたばかりの時に実はステ氏と部屋を下見に来たことがありますが、
やっぱり新しいホテルやサービスアパートメントっていいですね♪
新しい部屋っていいわぁ!
写真の左手にベッド、その奥にバスルーム、手前にダイニング、玄関すぐに
キッチンがあります。

キッチンもナイフや食器も勢ぞろい、向かい側にもVilla Market(スーパー)が
開いているし、コンビニも。BTSのチッドロムからも歩いていけるし、チッドロムセントラル
も歩いていける距離。

シーロム方面にタクシーで出るには便利ですが、一方通行なのがちょっと…。

お部屋はこんな感じで。うーん、こんなところに普通に住みたい…。素敵。

Natural Ville公式WEBはこちら


<本日メニュー>
朝:ごまトースト、パッションフルーツジュース、ヨーグルト、コーヒー(自室で)
昼:フライドフィッシュディッシュ、ムサカクレープ、ソムタムとえびかき揚げ
夜:ポメロ、トムヤムラーメン


b0000374_22561220.jpg

[PR]
by rota_bkk | 2004-08-06 22:57 | ★タイ★
バンコク・ドンムアン空港
ああ、懐かしきドンムアン空港。
ホテルで働いていた時には、庭のようにしていたものだ。
この空港も
もうすぐ移転だね。

b0000374_041022.jpg


今日は母が日本から来タイ。
午後3時半ごろになると、関西や東京方面からの
日本からのフライトが集中するので、
出迎えにくる日系企業の人も多い。
それにしてもタクシー、タクシーのリムジンの勧誘、しつこぃ!

今は夏休みシーズンだからか、いつもより人が多い気がする。

空港の到着ホールは、いつもドラマがあって好きだ。
あの、待つ人を探すドキドキ感。
到着した側は、ちょっと花道?を通るようで、
みんなに見られて照れるけれど、
待つ側も、今か今かと待ち人を探すあの雰囲気がいい。

日本で働いていただろうタイ人のお父さんに久しぶりに会って抱きつく奥さんと娘さん。
タイへの出張も旅慣れたようなビジネスマンのおじさん。
会社の出迎えスタッフが来ているはずなのに、全く見つからず路頭に迷う?会社員。
いろんなドラマがありますね。

久しぶりの母は相変わらず元気。
早速、母娘のおしゃべりが始まった。
 

<本日メニュー>
朝:オレンジジュース、コーヒー
昼:サシソン+チーズサンドイッチ
夜:魚揚げ料理、トムヤムクンラーメン、ヤムウンセン@S&P空港ターミナル1店


注:今日は昼寝ナシ!!えらいっ。
[PR]
by rota_bkk | 2004-08-06 00:43 | ★タイ★
スコール
やはり今日も午後になったら恐ろしい睡魔が襲ってきた。

素直に睡魔に身をゆだねて、ぐー。熟睡。

おっかしいな、昨日の夜も普通に寝たんだけど、
この眠りはまた別物なのよね?
じゃあどうしてローカルタイムでまた私は眠くなるのじゃ?

と、夕方になると昨日と同じパターンでスコールが…。

タイで雨が降ると、一瞬洪水のようになり、外にいると大変です。
タクシーとかも道路でぶくぶく沈んでたりします。
まあ10分~20分くらいでやむんですけどね。
家にいる時にこの雨が降っていると、ちょっと優越感にひたれてしまいます。
雨、雨、ふれ、ふれ、もっとふれー♪


<本日メニュー>
朝:オレンジジュース
昼:空心菜、胡椒排骨炒河
おやつ:ルートビアフロート@A&W
夜:サシソン&チーズのパスタ


b0000374_21351449.jpg

[PR]
by rota_bkk | 2004-08-04 22:11 | ★タイ★