Cafe De Bangkok
Top
カテゴリ:★パイ★( 3 )
Day8: パイぶらぶら
★朝は占い師★
Airがとてもよくあたる!という占い師がいるということで、
ゆかちゃんと私はすっかり乗り気で、朝から予約を入れてもらった。
この占い師はメーホンソンから来たとのことだ。丁度Airの家の
となりに住んでいる。

この占い師がピタリとAirのアメリカ人の彼氏の出現を言い当てた!
と言うことで私たちも神妙な面持ちで、この占い師さんに見てもらった。
占い方は誕生日を言って、カードで占う。カードと言っても、
タロットカードかと思いきや、普通のトランプ!
大丈夫かなぁ…。

しかし、このおばちゃん、占い師さん、台湾で言う、檳榔(ぴんらん。ビンロウ。自然の植物からできたもので、くちゃくちゃとガムのように
噛んで味わうもの。タバコみたいなものですね。噛むと体が熱くなるらしいと友達は言っていましたが、私は未体験です。このくちゃくちゃかんで、赤いつばをペッと吐いたりして
噛み続けます。ちなみに台湾ではよくタクシーの運ちゃんたちが噛んでいます。)
なんか赤い実みたいなものをくちゃくちゃ噛んでいる。
怪しい~!!
私は基本的にこれをかんでいる人はワタシ的にはちょっと…。
というよりも、タイでもこれをかんでいる人を見るのは初めてでびっくりしました。

で、この占い師、普通の内容のタイ語なら私も少しは聞き取れそうなものの、
ほとんど北部のタイ語(普通のタイ語と全然違います)を話しているので、
全然理解できません。Airの中途半端な英語と、私の中途半端なタイ語で
どうにかゆかちゃんに通訳して、ことを運びました。

内容はまぁ、いたって普通、私たちが旅行者なんで、南に行く時にはお金に
気をつけろとか、こうこうこういう風貌の人が近づいてくるから、絶対心を許しちゃいけないとか、いろいろ言ってきましたが、私としてはやはりこの嬪郎(びんろう)の時点でかなり
信用していなかったので、どうにもしっくり来ない占い結果でした。
占いの料金もやはり外国人料金でAirの時と話が違うし、どちらかというと
お金儲け的な人かも…ということで、この占いはイマイチでした。
…って、なんてったって、50バーツ(約150円)だもん。そんなもんですよね…。

★おしゃべりのひととき★
さて、パイに来た当初は、バイクを借りて観光に行かなきゃ!と意気込んでいた
私ですが、パイについてみると観光!というよりもこの町でだらだらするのが
とても気持ちいい事に気づきました。旅を始めてこんなに日本人をみるのも
初めてだったし、みんなとてもフレンドリーですぐに友達になれる状況でした。

どこかで食事をしていると、必ず誰かにあったりして、そこからおしゃべりが
始まる…。お茶をしていても友達の友達が『おっ、ここにいたんだ!』と言う感じで
気軽に声をかけてきたり…。始めてきた場所なのに、とてもくつろげる場所ですごく不思議でした。

で、実際にみんなでランチを食べた後、Airのレストランに戻ってみると
昨日知り合ったようこさんがパッタイを食べていました。そこから女の子のおしゃべりが
はじまります。こんな感じでここに魅了された人は、旅の予定を変更したりして、
ここの町に滞在しています。

午後も一緒にカフェでゆっくりお茶しながら女の子同士でのいろんなおしゃべりに興じてました。

★マーケット★
さて、おしゃべりの午後も過ぎて、それぞれインターネットカフェに行ったり、
ゲストハウスに戻ったりということで、戻る前に夕方になると始まるこの
マーケット前をぶらぶらしてみた。
b0000374_1212861.jpg

やはり、どこの国、土地でもマーケットはいつもたくさんの人で
にぎわっていて、歩くだけでも活気があって元気になります。
b0000374_122651.jpg

そして見つけちゃいました、グロー!かえるちゃんの串焼きです。
たしかにね、夜になると聞こえてくるんです、
げろげろげろげろぐわっぐわっぐわっ♪
雨季だと特にね、かえるの鳴き声がうるさくて眠れない時もあるくらいです。
b0000374_1222980.jpg

でも…それでもー!この生蛙(ナマがえる?)ちゃんと、
串焼きバージョン…。ああ、食べたくない~!!

★バーベキュー♪★
この日の夜はバーベキューパーティ(食べ放題!)があり、知り合った日本人の友達たちと
バーベキューパーティへ。おぉ~、久しぶりに肉を食べるなぁ。高級なディナーですね。
久しぶりに飲んだビールもウマイ♪
明日の朝、パイを発つので、Airのおじいちゃんにもお別れを言いに行きました。
b0000374_1225011.jpg

<本日メニュー>
朝:チョコトースト+コーヒー
昼:クェイティアオナーム 
夜:バーベキュー

[PR]
by rota_bkk | 2004-10-14 23:18 | ★パイ★
パイのゲストハウス情報:リムパイコテージ
さて、ゲストハウス探しも結構慣れてきた頃、
ステ氏が前にパイに来た時に、川沿いに素敵なコテージがあったよ!
と教えてくれたので、一から探すのも面倒くさかった私は勧められたとおり、
川沿いのコテージと名のつくゲストハウスを探してみました。

地図で見ると、バスステーションからちょっと歩くかな、と思いましたが
やはり小さな町、パイですので、大きなバックパックを背負いながらも
無事に徒歩で行くことができました。バスステーションからも徒歩5分くらいですかね。
バスステーションの道を真っ直ぐパイ川に向かって歩きます。
ワット(寺院)をいくつか通り過ぎると、結構大きな看板が出ているので
わかりやすいと思います。近くにもインターネットカフェもあり、なかなか便利です。
b0000374_0292096.jpg

初めてこの蚊帳つきベッドに寝ました。
なんか見た目はお姫様?見たいな感じで優雅ですが(ただの蚊帳だけど…)、
寝る時の頭上の空間が狭いんですけど…普通はこんなもんなんですかね…。

私は大きな長屋のうちの一つのお部屋で、それでも1泊250バーツ。
この旅最高級なゲストハウスに泊まってしまいました…。一人だからほんと寝るだけで
良かったんですけどね…。
b0000374_0301852.jpg

カップルで来たらこちらのコテージがロマンティックでよいのではないでしょうか♪
こういうところでゆっくり、まったり1ヶ月くらいボーっと過ごすのもいいですよね!
b0000374_0313847.jpg
Rim-Pai Cottage(Galleryの部分でいろいろ写真がみれます♪)
99/1 Moo 3 Viangtai,
Pai, Mae Hong Son, 58130
Tel: 053-699-133
Email: rsvn@rimpaicottage.com

[PR]
by rota_bkk | 2004-10-13 00:33 | ★パイ★
Day7: パイへ移動、パイぶらぶら
★パイへやってきた★

田園風景豊かなメーホンソンを離れ、今度もミニバン(ロットゥー)で
パイへ向かった。やはり来た時と同じように、タイの民謡がガンガンにかかっています。
あまりにすごい山道のため、ぐらぐらしているのですが、たまにバックミラー越しに
運ちゃんをみると、なんがガクッと首がうなだれて、
眠っているみたいにみえるんですけど~!(サングラスをしている)
オイオイ、ちゃんと運転してぇ…。どきどきしながら、パイにたどり着きました。
b0000374_1171686.jpg

お昼ごろにはパイにつき、ステ氏から川沿いに素敵なコテージがあるよ、と
すすめられて、探すのが面倒くさかったので地図で見つけたこのコテージに
止まることに。なんかいつものゲストハウスよりゴージャスだぞ。

★Airちゃん★

白人の観光客も多いため、すごく小さい町ですがレストランやゲストハウスにも
たくさん英語の表記があります。ガイドブックにはのっていない町ですが、
(たぶんロンリープラネットなどにはのっているのかも…)とにかくまたしても徒歩で町をぶらぶらできるのがいいです。

そして、ゲストハウスを見つけて、ランチを食べようとぶらぶらしました。
英語表記の外国人向けのレストランは高そう!ということでローカルっぽい
お店に…。それがパイでの滞在をものすごく楽しくしてくれるきっかけになったのです!
b0000374_1212497.jpg

こちらがその食堂であった、Airちゃん(21歳)。色っぽい~☆
バンコク出身なのだけれど、お父さんの仕事のためにパイに引っ越してきたんだとか。英語も少ししゃべれて、すぐに仲良くしてくれました。

明日はどこをまわったらいいか聞いたところ、やっぱり原付がないと
ちょっと遠くまでいくのは難しいとのこと。ふーむ。

でもパイの町自体も、人もすごくやさしくてフレンドリーで、なにかここに流れている空気が今までのどの場所とも違う感じで、まいっか、ぶらぶらしてみるか!
という感じにさせてくれます。

外国人も日本人も2週間以上、6ヶ月とか、3年とか(!)ここに住み付いている外国人がけっこういるそうです。物価も安いし、町も小さいので、旅行者同士も町を歩いていると『あ、さっきレストランであったね!』みたいに気軽な雰囲気で仲良くなれるのです。本当にここで時間を忘れてゆっくりするのはいいなぁ…。

★ジェンガ★

お昼はAirのところでランチを取り、まったりしつつ、
夕方はマーケットなどをぶらぶらしました。ぶらぶらしていると、今度はまた
Airに会って、結局またAirのところで夕食をすることに。
おじいちゃんが鍋を振っているんですが、何を頼んでもめちゃくちゃおいしいです!

そして、一人でご飯を食べていると、日本人らしき女の子が一人入ってきました。
一人旅の女の子、ゆかちゃんでした。せっかくだから一緒にご飯でも…って
ことがきっかけで、仲良くなりました。私も久しぶりの日本人に会えてかなりうれしく、二人でいろいろと話し出しました。こういう旅の出会いがいいですね。
そして、夕食を食べながらまったりしていると、今度はAirの弟や妹がこの積み木、
ジェンガを取り出してレストランで遊び始めました。
b0000374_1193091.jpg

なんかおもしろそうだね!ということで私たちも混ぜてもらうことに…。
これがまた言葉や年齢の壁を越えて楽しめるゲームなんですねっ!(力説)
私はこのときが初めてだと思いますが、めちゃくちゃおもしろい~!
みんなで夜に食堂でゆっくりしながら遊んで本当に楽しいひと時をすごしました。
隣のテーブルのオーストリア人カップルもそのうち合流、そばでおじいちゃんも
ドキドキはらはらしながらこのジェンガを見守っていました。楽しかった~!

<本日メニュー>
朝:おせんべい
昼:クェイティアオナーム 
夜:豚肉チャーハン、コーヒー

[PR]
by rota_bkk | 2004-10-12 01:19 | ★パイ★