Cafe De Bangkok
Top
カテゴリ:★メーホンソン★( 4 )
Day6: メーホンソン、山岳民族、郊外観光
★首長族、カヤン族★

さて、山岳民族の中でも、首長族で知られているカヤン族(ジョーットさんによると、通常私たちが首長族のことをカレン族といっているのは英語名らしく、タイの人たちはカヤン族と呼んでいるみたいです…)の村に行くことになりました。しかし、この村に入るのに、入場料を払ったりして、同じ人間を見に行く、というのは動物園的で気がひけます。そんな私の気もよそに、やはり中では観光地化の別世界で割り切った彼女たちがいました。
b0000374_1192332.jpg

学校ではタイ語や英語も教えているらしく、流暢な英語で話しかけてくれたりしました。

彼らはミャンマーから流れて、タイにやってきたわけですが、タイ国民でもないので
この村から離れられないのですが、彼女たちにしてみればミャンマーよりも
安定した生活ができるので、ここにとどまっているとのことです。
b0000374_1201999.jpg

観光のため、村のほとんどの女性はこの首輪をしていました。
なぜこの首輪をしているのかいろんな説があります。昔この土地に
トラがいたため、トラに首をかまれないように、とか…。他にも、ここの土地の
カヤン族には美しい女性が多くいたので、他の村の男の人に連れて行かれないために?
見つけやすいように首輪をつけはじめたとか…。
b0000374_1182789.jpg

なんにせよ、この首輪を毎年加えていくのですが、目の前に首の長い彼女たちを
みるのはかなり衝撃的でした。

いろいろなところで記念写真をとれるのですが、そのあといろんな場所でこの
ポストカードを見るのですが、私が一緒にとった人たち、子供も含めて、みんな
ポストカードにうつっているひとたちではないですか!ちょっと感激。
すごい、自分のポストカードが世界中にまわるなんて…。

この首輪の説、私はどちらかと言うと、後者の方を信じているのですが、
みんな綺麗な子が多いです。かわいいから他の村人に連れて行かれないように…ってね。

首長族はカヤン族と呼ばれるらしいですが、こちらの村にも耳長?族もいました。
b0000374_1204246.jpg


★タンプラー・魚の洞窟★
b0000374_1213037.jpg

首長族の村に向かう途中に、知り合ったイスラエル人カップルの女の子が言っていた
通り、この魚の洞窟はそれほどでも…という感じでした。洞窟の下に大きな魚がうよ~っと
泳いでいます。雨が続いていて、川の水かさがかなり増していました。
b0000374_1214573.jpg

b0000374_1273950.jpg

★滝★

郊外の観光定番の場所に連れて行ってくれるので、洞窟の次は滝です。
Namtok Pha Suea Forest Parkというところです。
b0000374_1221981.jpg

滝は英語でWaterfallといいますが、これぞまさしく、WaterがFallingしている!!
という感じで、どどどどどーっと水が落ちていっている滝を目の当たりにしました。
この滝はどうやらミャンマーから流れてきているそうです。
b0000374_1224647.jpg

この滝の水の落下の力でエネルギーを作れるくらい、ものすごいこの滝の力強さを
感じました。しばらく滝を見ていませんでしたが、滝のそばにいるだけで自然のパワーを
もらえる気がします。これってイオン効果もあり?体にいいかも?

★マッドスパ/泥パック★

さて、滝の次は密かに楽しみにしていた、Mud Spa(泥スパ)です。
名前のMud Spaってところからして響きがヨイ。
女の子はこのスパの響きに弱いんですよね~しかも泥!うーん、天然で
お肌に良さそう…さぁ、どんなスパなのかしら!?
ポスターで見るからにはこの泥んこパックがとっても美容に良さそう♪
b0000374_1233242.jpg

…と私の期待をややかすかに横切る感じ!?で登場したMud Spa。
やっぱりね…ゴージャスなスパを想像しちゃいけません…メーホンソンだもん!
今回は低予算の旅行なのよ!スパに行ってる場合なの!?と自問しつつ、
行ってみたらとってもリーズナブルなスパでした…。
しかもスパっていえるのかな、普通の美容院とか、マッサージ屋さんみたいな感じ。
とりあえず外を散策してみると、Spaの源泉?がありました。
水を触ってみると、めちゃくちゃ熱い!50度以上あります…。
b0000374_1235924.jpg

そして、気になるこの泥パックのお値段…フェイスはなんと50バーツ(約150円)!!
安い!ボディはもちろんフェイスより高めですが確か200Bか300Bくらい、どちらにしても
日本円で1000円くらい…。これ絶対天然の泥パック。

ジョーットさん↓も私につられて、フェイスパック…。ひんやりとした泥がすごく気持ちいいです。OTOP(一村一品)プロジェクトの一環みたいですね。
b0000374_1242468.jpg

★ワット・チョーン・カム、ワット・チョーン・クラン★

さて、これはミャンマーの写真ではありません!去年の冬に私はミャンマーに行ったのですが、本当にミャンマーにある寺院とそっくりで驚きました。
b0000374_1283942.jpg

こちらの寺院はミャンマーの影響を受けた寺院で、形がすでにタイの様式とかなり異なっていますよね。
b0000374_1292798.jpg

下にはチョーン・カム池も見下ろせて、夕暮れ時にいきましたが、眺めが本当に良くて、
静かな時間をゆっくり過ごすことができました。

<本日メニュー>
朝:揚げパン(パートンコー)、豆乳
昼:パックラパオムー
夜:野菜と鶏肉炒めご飯、コーラ
おやつ:ロティ


★★★★

関連の本を読んでみたい→
◆タイ山岳民族カレン―国際保健医療活動の現場から
◆クリヤーの山―タイ・山岳少数民族の暮らし 人間選書
◆神話の人々―タイ山岳民族の染織工芸

[PR]
by rota_bkk | 2004-10-07 01:27 | ★メーホンソン★
Day5: メーホンソン、ミャンマー国境近く観光
★クンユアム旧日本軍博物館・ビルマ戦線資料館★

さて、メーホンソンに来て、山岳民族を見に行くぞー!と意気込んでいた私。
親切なジョーットさんと知り合い、どうやらプライベートな友達と一緒にミャンマー近くまで
行くドライブをするというので、1日一緒に来ない?と誘われたので、参加することに。
タイ語も通じるからきっと楽しいと思うよ!…と言われ…。でもあたしのタイ語まだまだなんですけど~。でも、普通の観光ではいけないだろうネイティブの人に連れて行ってもらえるところなら楽しいだろうということで、おっかなびっくりついていくことにしました。

朝の8時半頃出発すると言うので、気合を入れていたのですが、
ジョーットさんの友達も8人くらい集まると言うのに、さすがタイ。あっちの友達呼んだり、
こっちの友達呼んだり…と結局朝の10時ごろになってもまだメーホンソンの市内を
うろうろ…。あまりに集まりの悪さにジョーットさんもぶちぎれたらしく、『もう俺たちだけで
いこう!』ということになってしまいました。ジョーットさんのお友達、元警察官のおじさんもついていたり、私が女の子だと言うことで、話し相手がいないと寂しいでしょう、と妹分のジァップ(21歳)も呼んでくれた。やさしい!

で、最初に向かったところは、昨日もジョーットさんが説明してくれた、クンユアム旧日本軍博物館というところ。第2次世界大戦の戦時中、ビルマにいた日本軍がタイ(メーホンソン)に逃げてきた時に、メーホンソンの人たちは怪我をした日本軍の兵士たちにご飯をつくってあげたり、怪我の手当てをしてあげたりしたそうなんです。で、お返しに、日本兵の人たちもメーホンソンの村に道路を作ってあげたり、いろいろ手伝ってくれたりして、『カンチャナブリ』の悲しい歴史の場所とは違い、『フレンドシップ・友情』の素晴らしい場所なんだよ、と教えてくれました。
b0000374_0184015.jpg

私は今回ガイドブックもろくに持たず(古い、情報が少ないガイドブック…)に旅をしていましたが、わざわざガイドブックを見てここにこよう!というところではなく、タイの人の善意で連れてきてもらえたことが嬉しかったです。
b0000374_0191952.jpg

この日は土曜日だったためか、資料館は閉まっていて、中に入ることはできませんでしたが、この建物はタイの人たちの好意によって建てられたそうです。なんか胸がきゅっとなりますよね。ここを知っている日本人の人は一体どれくらいいるのでしょう?

ただ、タイ人の有志の人たちがが感謝の気持ちで建ててくれた事に日本人として感謝したいです。また、本当にひっそりとたたずむこの博物館、日本の人たちにも是非関心を持っていただいて、メーホンソンに立ち寄った時にはぜひ、寄ってみていただけるときっと皆さん喜ぶと思います。

一緒についてきたジァップが、外に出ている日本語で書かれた資料を指差して、私に

『これ、なんて書いてあるの?』と聞いてきたので、
『戦争があったときにね、怪我をした日本兵の人たちを助けてくれたやさしいタイ人の人たちにありがとうって、書いてあるんだよ』

と説明した時の、ジァップのはにかんだ、誇らしげな笑みがすごく印象的でした。
なんか、ツアーなどで行く、押し付けがましい見せ方ではなく、自然に地元の人とこうして交流することができて、ちょっと感動しました。

★山岳民族の村?★

ミャンマー国境近くまでいく、という趣向で始まったこの観光でしたが、時間と共にどうやら
このコースは、この元警察官のおっちゃんの指示により、いろいろなところに向かっているらしいと言うことが判明。

本当に車で30分か1時間のオフロードの山道をずんずん進んでいくんですけれど、
トイレ行きたくなったな~と思い立った時には必ずこの元警察官のおじちゃんのお友達の家に立ち寄ってSay Helloしているんですよね…で、おトイレも拝借できたりして…。

本当にメーホンソンを出てから結構時間が経っていて、違う道を通っているのに、行く先々で
知り合いがいます。しかもその知り合いのおウチに立ち寄ってはお水やお茶をご馳走になっているんです。なんか友達めぐりについていくような観光になってしまいました…。
ま、これも一番地元の人たちと接することができる機会でしたので、楽しかったです。

人里離れた村の最初のお友達はこちら。いくら私のタイ語のヒアリングが上達したと言っても、ここメーホンソンにくると、やはりタイ語よりも北部のタイ語を話しています。
明らかにこれはタイ語じゃない!わからないー!ということだけはわかります。
b0000374_0211432.jpg

b0000374_0213812.jpg

おばあちゃんは雑貨屋さん。この子供も外国人に興味津々の様子。スパイダーマンのシャボン玉で遊んだのがかわいかった…。電話にもいっぱしにでて、『はろ~』といってるし…かわいかった♪
b0000374_022214.jpg

★ザバンガー★

さて、またいろんな人に道を尋ねつつ、チェンライ出身の元警察官のおじちゃんの
母親的存在のおばあちゃんが住むところに、手土産のフルーツを持って、
遊びに行きました。

なんかこうしてアポイントもなく、ふらーっと誰かのうちにいくっていうのも、
普通の生活ではなかなか無いデスよね…。そして、おばあちゃんも突然の
来訪者に嫌な顔一つせず、しかも驚いた様子もなく!?、『あら、いらっしゃい』
見たいな感じで受け入れてくれるところがいいですよね…。
b0000374_0222943.jpg

なんか全然知らない人のお宅にお邪魔しているのに、アジア特有のおおらかさで
受け入れてくれるところが、いいなぁ…とつくづく思いました。
b0000374_0235329.jpg

そしてこのおばあちゃんちの庭で取れたのが、こちらのお花。
タイ語はクラッダンガーというらしいのですが、北部タイ語では、
ザバンガーというらしいです。

かいだことのない、甘いいい匂いがします。お土産に持たせてくれました。

★カレン族★

観光も後半に入り、車の中で一緒にピーナッツをほおばったり(これがまた
おいしくて止まらない!!)、いろんなフルーツをあれこれつまんだりしていたジァップ。

ふと道に迷ってしまったので、近くの通り過ぎた山岳民族を来た、現地の人に道を
聞くことになり、ジョーットさんが、『おい、ジァップ、聞いてみてくれよ』と促すので、
彼女が外の通行人の人に道を聞いていました。

あれ、おかしいな、なんでジァップなの?と不思議に思って彼女に聞くと、

『わたしはね、カレン語を話したんだよ』と無邪気に答えてくれる。
b0000374_0242260.jpg

ええー!ジァップってカレン族だったの!!びっくり!
チューレン(あだ名)のジァップももろタイ人名だし、本名を聞いた時も
ラタナなんとかでタイ人ぽい名前だったけど…。確かにね、顔の頬骨がとても印象的だとは
おもったけど…。

彼女はタイ語、カレン語、北部タイ語を操るらしい。

なんかびっくり。こんな身近に友達になった人がカレン族だったんだ…。
別れ際に、カレン族の名前も教えてくれた。タイ語の名前と、カレン族の名前を両方持っているらしい。
★霧のメーホンソン★

メーホンソンはどうやら霧で有名らしく、山々が本当に美しいところです。
たまに車を止めて写真を撮ったりするのですが、この広がる田園風景。
タイの北部に来たなあ~という感じがしますよね。
本当に日々の喧騒を忘れる場所にいれて幸せなひと時でした♪
b0000374_0245624.jpg

<本日メニュー>
朝:ソーセージロール、コーヒー
昼:カオソイ
おやつ:ピーナッツ、ノイナー、豆乳
夜:クェイティアオラッナー、コーラ

[PR]
by rota_bkk | 2004-10-02 00:23 | ★メーホンソン★
メーホンソンのゲストハウス情報: アンパハウス 
さて、メーホンソンはなんと空港からでも徒歩で市内に行けちゃうくらい
とっても小さな町…村?といった方が良いのでしょうか…。
ですからゲストハウスを探すのも歩いて探せるので、結構すぐ見つかると思います。
で、メーホンソンのゲストハウスでご紹介するのは、
声をかけてきたタイ人のジョーットが経営しているゲストハウスです。

ジョーットはメイン通りのクンルンプラパート通りにあるパノラマホテルで
ツアーカウンターを設けてガイドとして働く一方、すぐ近くの低予算向け
ゲストハウスも経営しているんですね。ほかにも村の観光委員会の責任者を
勤めたりと、いろいろと村からも信頼されている人らしい。(と、後で知った。)

場所はバスターミナルの大通りを真っ直ぐパノラマホテル側に歩くと、
今度はMateeホテルが見えるので、その交差点を右に曲がると
おしゃれなバー&レストランが見えます。二股に分かれる道があるのでそこを
左に歩くとすぐAmpa Houseが見えます。
b0000374_2304495.jpg

b0000374_2322070.jpg

タイの古い家を改造したような作りで、ゲストハウスっぽい雰囲気が
でていますよね。これまたガイドブックにも出ていないと思うのでかなり
穴場だと思います。
b0000374_2311088.jpg

シャワーも部屋についているし、寝るだけなら特に問題はありません。
メーホンソンはとても小さい村ですので、それほど危ないということもないと思います。
まぁ今回はローシーズンに行ったので、村もとても静かで、宿も安く、1泊150バーツで泊まれましたが、おそらくハイシーズンですと200バーツ以上からになるらしいですね。
b0000374_2314468.jpg

メーホンソンで出会った人はみんなすごくやさしくて、
本当にいい人たちばかりでした。
このゲストハウスの番頭?というか、管理人を任されているのは、
Yoo(ゆっう…発音が難しくてちょっと忘れちゃいましたが…)ちゃん。【写真右】
b0000374_2325042.jpg

どことなくあどけなさが残る感じの子です。遅くに帰って来ても、ちゃんと管理人室
からでてきて挨拶してくれたり、お茶を沸かしてくれたり、本当にアットホームな雰囲気です。
このゆっぅちゃん、なんかあどけないけど…でもお腹もふっくら膨らんで、赤ちゃんを身ごもっているし…。いくつ?ときいてみたら、なんと16歳というではないですか!!がーーーーん!!16歳にして2ヶ月の子供を妊娠…。タイ人の結婚は早いと聞きましたが、田舎に行くともっとスゴイ速さで母親になってしまうんですね…。

私がパイに発つ朝、バス停まで歩いていけなくもない距離ですが、このゆっぅちゃんの彼氏
(22歳!)が朝7時にバイクで迎えに来てくれて、本当に好意でバスターミナルまで送ってくれました。やさしぃぃ。二人ともお幸せに…。

George(ジョーット)もとっても親切な人なので、メーホンソンで困った時には
携帯に電話しちゃうか、このパノラマホテルに行って、彼を探してみてください。
ガイドやらゲストハウスやらいろいろ世話を焼いてくれますよ!↓
b0000374_2334522.jpg


Ampa House
3 Phadoongmuaytoe Rd,
T.Jongkum, Muang, Mae Hong Son 58000
Tel: 01-602-4734(Mobile, Khun George) 英語通じます。
Email: wallop_c@hotmail.com

[PR]
by rota_bkk | 2004-09-28 23:02 | ★メーホンソン★
Day4: メーホンソンへ移動
★チェンマイバスターミナル(チェンマイアーケード)★

さて、今日はチェンマイを出て、メーホンソンに向かうことに。来る時は鉄道で来たので、
ここで初めてチェンマイのバスターミナルに行くことになる。朝からどしゃ降りの雨…。

メーホンソンまで行きたい、とバスのチケット売り場の女の子にいうと、チケットは
200バーツ(約600円)。しかもロットゥーとのこと。え、まって、ロットゥーってあれよね、
まさかあのミニバンみたいなやつ?あれで約7時間!?大丈夫かしら…。とちょっと心配になる。南と北のルートがあるけれど、パイ経由の方が時間的に早かったのでこちらにしてみました。

『セーウェン(7)』番でバスが発車するから、ということで、何度も7番停車場に行って確認してみるけれど、どうみても大型バスが止まっている。いや、ロットゥー(ミニバン)っていってたから、絶対コレじゃないよなー。でも7番ってここだよね~。と、発車時刻に近づいてきたので、不安になってまたチケットのお姉さんに確認してみる。

『向こう側のセーウェン(セブン・7)から出るから!』と、連れられてみると、なんだ、7番停車場じゃなくて、セブンイレブンのことだ~、とがくっとうなだれる。それって、正規の発車場じゃないじゃん!大丈夫なの!?と初めてのバス旅行で不安がつのる…。余裕で人一人分はありそうな、私のバックパックもつめてもらわないと困るんですけど、ほんとに乗れるの、このミニバス!

私の心配もよそに、時間になると運転手らしき人が現れて、無事に私のバックパックも積んでくれました。タイ人の人が多いらしく、こんなデカイバックパックを持っているのは私一人だったようだけれど、これが3人以上デカイバックパック持っている人いたら絶対乗せられない気がするなぁ…。座席も助手席?っぽいのを含め、10人ぎっちり乗っていました。

★パイ★

チェンマイからパイまで3時間、パイからメーホンソンまで4時間。
タイの典型的運転手さんお気に入りの民謡?演歌?を次々テープを
入れ替えてはノリノリ気分で運転するおじちゃん。
途中の休憩所で、明らかに昨日の夕食の残り物のお魚みたいなのを
食べていたのですが、ここってこの運転手さんのお家なのかしら!?いったい…。(まだ疑心暗鬼。)

一緒に乗っていたほかの日本人3人とは話す機会もなく、パイで下車。
パイからは日本人一人でメーホンソンへ向かうことに。

★メーホンソンへ到着★

さて、チェンマイから北西へ約380Km、ミャンマーとの国境沿いに近い山間の町、
メーホンソンに到着。住民の約40%はタイヤイ族で、カレン族も多い場所。
バスターミナルのあるクンルンプラパート通りがこの町のメイン通りらしい。
とりあえず徒歩で歩いてすぐのゲストハウスをチェックしてみることにした。
b0000374_1955938.jpg


ハイシーズンではないためか、観光客も少なく、とてもひっそり。
とりあえず、町中は徒歩でいけそう。バスターミナル近くのホテルらしいホテルで
パノラマホテルというのがあったけれど、みるからにちゃんとしたところで、
当然のごとくゲストハウス並みの値段ではないので、却下。
すると、そこのツアーカウンターにいた男の人が声をかけてきた。

『いいゲストハウスあるよ!すぐそこ!とっても綺麗だし、温水シャワーもある!』

と親しげに話しかけてきたのがタイ人のジョーット。怪しいな~と思いつつも、まぁこんな静かな場所ではそれほど疑う気にもなれず…。車で連れて行ってもらったゲストハウスはめちゃ安い(150B)し、なかなかいい感じ。OK!今日の宿はここに決まり!

<本日メニュー>
朝:パン、コーヒー
昼:クェイティアオナーム
夜:アプリコット豚肉入りサワースープ、Pug Koodターメリック入り豚肉野菜炒め

[PR]
by rota_bkk | 2004-09-26 19:54 | ★メーホンソン★