Cafe De Bangkok
Top
カテゴリ:★フランス★( 7 )
テラスの食事 <フランスの旅>
b0000374_213338.jpg


これよ、これ!
フランスといえばカフェテラスでの食事。
アーデッシュの山へ行った時のランチ

もう小さな村自体がすべてかわいくて、
デコレーションも映画の中から出てきたよう。
どのレストランに入ろうか、本当に目移りしてしまいます。
メニューもあたりまえだけど、フランス語になっていてとてもキュート♪
いいわー、全然読めませんが…。
これで私もフランス語ぺらぺらで注文できたらちょっと素敵ですね…。
[PR]
by rota_bkk | 2004-08-06 21:05 | ★フランス★
アーデッシュの山の風景 <フランスの旅>
ステ氏のおじいちゃんにアーデッシュの山に連れて行ってもらいました。
(な、名前を忘れてしまいました、後日UPします…)

とても歴史のある場所で、ドイツやオランダからも観光客が
来ています。

山はすごく寒く、セーターを着ていても寒いくらい。

この湖では魚を釣れます。
湖のほとりのレストランで食事をしました。

カラッとした天気は、やっぱり気持ちよく、
このまま昼寝できそうな心地よさです。
b0000374_12152811.jpg

[PR]
by rota_bkk | 2004-08-04 12:16 | ★フランス★
国際結婚 <フランスの旅>
b0000374_22245015.jpg


今回のフランスへの旅行は、ステ氏の叔父、ローレンス叔父さんのウェディングパーティに参加するというのが一応の名目。
場所はアーデッシュ(Ardeche)県のベックス(Baix)村。
私は両親の田舎も東京、私も東京育ちの都会っ子のため、自然に触れる機会は少なく、
まして今回はフランスの中でも田舎に行ったので、かなりのカルチャーショックを受けた。

ローレンス叔父さんは、ローマニア人のお嫁さん、チェラ(32歳)を奥さんに迎えた。すでに妊娠8ヶ月。お姉さんのスンジアーナ(33歳)も結婚式のためにルーマニアから出てきた。
前夫との子供、ロベルト(7歳)もやんちゃ盛り。

ステ氏と私はステ氏のおじいさんの家に滞在していたのだけれど、
ある日昼寝からめざめて、1階のダイニングに向かうと、見知らぬ子供がいた。
前日ローレンス叔父さんのところに遊びに行った時には、まだロベルトを見ていなかったし、
その時点では子供が男の子なのか、女の子かも知らなかった。
フランス語が全く話せない私は、ステ氏がいないときには誰ともコミュニケーションがとれないので、おじいちゃんがなんかフランス語で言ってくれるが、意味がわからない。(みんな英語を話せない)

さすがに田舎の村だとアジア人を見る機会は少ないらしく、向こうにとってもアジア人をみるのはまれ。ロベルトもコンピュータのおもちゃを遊びつつ、ちらちらと私の様子をうかがっている。

私が一生懸命フランス語ブック片手にフランス語を言ってみたものの、
ロベルトはきょとんとしている。
そ、そんなに私の発音悪いのかしら?
なんどか簡単なフレーズを試してみるものの、どうにも通じていない様子。
途中、ロベルトが『Da, Da』というのを聞いて、怪しいと思った。
Daはルーマニア語でYesの意味。(前日にスンジアーナから習った)
この子ってもしかしてフランス人じゃないのね?
このときまだロベルトを紹介されていなかった私は、
フランス人とルーマニア人と区別がつくはずも無い。

フランスは移民大国だと聞いていたけれど、こう目の前に外国人(ルーマニア人)がフランス人と結婚して、フランス人になるという工程を見るのは、日本人の私からしてみると不思議な感じがする。他の国の民族になるときってどんな気持ちなんだろう。
まあ私も一応日本+台湾ハーフだし、母親が台湾人→日本人になった時と同じようなものか。

フランス人のローレンス叔父さんがルーマニア語を習得したため(スゴイ!)、
家庭内ではローマニア語をはなしている。奥さんのチェラ、スンジアーナ、
ロベルトともにフランス語が全くわからない。

でもチェラの妹、スンジアーナはルーマニアから来ているけれども、EUでは
すぐに働けるそうだ。そこが他の国と違うところですよね。
普通その国で働く場合はワークパミットなどが必要だけれど、ヨーロッパの場合は
ヨーロッパ人?であればすぐに働ける。もちろんスンジアーナにしてみれば、
フランスで働く方が給料はいい。

それにしてもこのBaix。500人くらいが住む村で、とても小さい。
結婚式も、市役所で市長さんとその奥さんがとりおこなう。
親戚や親しい友人が参列し、二人を見守る。
ローレンス叔父さんとチェラがサインをし、指輪を交換して、結婚が成立する。
数年後?にチェラはフランス人に帰化する。ロベルトもおそらく。

フランスにはこのように国際結婚や移民やらで外国人がたくさんいる。
フランス語を話さないフランス人もいるということだ。
なんか日本人にはへー、そうなんだぁ。とちょっと遠い国の話のようなきがするけれども。

このロベルトもすこししたらお母さんよりもはやくフランス語を話せるようになるんだろうなぁ。
ちょっとアジアとは違う、ヨーロッパの国の一面を見てこれた感じです。
[PR]
by rota_bkk | 2004-08-03 23:18 | ★フランス★
シャルル・ド・ゴール国際空港 <フランスの旅>
フランス・パリのシャルル・ド・ゴール空港(CDG)に到着したのは、お昼頃。
フランスに来たのは2度目だけれど、1度目は両親との旅行で約7年前。
記憶がほとんど薄らいでいるので、パリの印象はあまりない。

到着したのはターミナル1。
ちょっと古い感じ。
そっか、ターミナル2の方は、とても新しいみたいですね。
天井が落ちる事故が起きたのはこっちの方ですよね…。

それにしても驚いたのはイミグレーション。
長蛇の列に一つのカウンターしか開いていない。
確かにイミグレはどこの空港でも長蛇の列だけれど、
この空港の構造は球体?のようになっていて、長蛇の列が道をふさいでいる状態。

世界のパリ、観光地のパリなのに、なんかDisOrganizedな(整頓されていない)印象を受けた。まあ古い方だから仕方ないのかな…。同行のフランス人・ステ氏もイライラ。シャトルバスでほかのターミナルに回ったら、ターミナル2の方は、新しい感じだったし。

ヨーロッパに行って、つくづくEU統合、ヨーロッパはひとつなんだということを痛感した。
イミグレーションでもスタンプを押さないし(EUパスポート保持者)、これでどうやって出入国の管理をするの??じゃあ通関の意味無くない?と不思議な私。

『フランスは人件費高いから、どこでもスタッフは少ないんだよ』とステ氏。
たしかにタイは、一つのレストラン、公共の場でも、必要以上にスタッフがいる場合が多い。もっといえば、客よりも従業員の数が多い時もある。
しかし、コストも安くないけど、こんなに世界から観光客が来ているんだから、もっとサービスを向上したらいいのに…。
[PR]
by rota_bkk | 2004-08-03 12:15 | ★フランス★
初ドバイ <フランスの旅>
今回は初めてEmirates(エミレーツ)を利用しました。

いやはや最近成長している航空会社と聞いたものの、すごいですね。
何がすごいかって、国際色豊かなフライトアテンダントがいて、
英語・フランス語・アラビア語・日本語・アフリカンなど言葉も多種多様に対応していて、良いです。

友人のタイ人も何人か採用されていて、フライト上で会わないかしら…
と思っていましたが、結局会えず。

トランジットで空港だけでしたが、ドバイに到着。
噂どおりに、空港ではポルシェやらBMWやら高級車がDUTY FREE免税店で売られていました。すごい!さすが金持ちの国は違う!こういうのをちゃちゃっとサインして、ぽんと買っちゃう人とかいるんでしょうねぇ…。

b0000374_10535131.jpg

[PR]
by rota_bkk | 2004-08-03 11:00 | ★フランス★
ただいまです。
ただいまっ。です。
昨日フランス旅行からバンコクに戻ってまいりました。

時差ぼけと乗り継ぎの疲れでまだどよ~んとしていますが、
不在分の10日間のフランス旅行の旅日記をすこしずつ
UPしていきたいと思います!
[PR]
by rota_bkk | 2004-08-03 10:52 | ★フランス★
フランスへ行ってきます
b0000374_18451595.jpg


本日から8月2日までフランスへ行ってきます。
今日の深夜便でバンコク出発。

ドバイでトランジット。待ち時間5時間!!OUCH!

パリには一度行ったことがあります。
今回は、パリとアーデッシュ(ARDECHE)というところに行きます。

ワイン飲むぞー。
チーズ食べるぞー。

ほんとはむこうでもネット繋げられたらUPしたいんですけどね…。
フランスはよくわからないんで…。
ふぅ。

では!行ってきまーす。

写真はイメージです。
提供はFutta.NET様。ありがとうございますー。



<本日メニュー>
朝:タイ風揚げパン、オレンジジュース
昼:ポークヌードル、サシソン
夜:シーフードとマッシュルームのご飯、春巻き@S&P


[PR]
by rota_bkk | 2004-07-22 18:47 | ★フランス★