Cafe De Bangkok
Top
し、知らんかった~~
私のタイ生活も2年7ヶ月過ぎていますが、
いまだにカルチャーショックなことが起きるのですから、
海外生活は楽しいですね。毎日がどきどきはらはら。

ということで、昨日のカルチャーショックをひとつ。

私の通勤は、BTSでもバスでも可能なのですが、
BTSの場合は、サイアムもしくはチッドロムから徒歩になります。
ちょうどビルが両方の駅の真ん中に位置するので、
どっちを歩くにも微妙に面倒くさいのです。しいて言えばサイアムよりかな…?
(会社内でもどっちが近いか論争は続いていますが…)

ということで、ある日を境に私の通勤路はシーロムから
ワールドトレードセンター(セントラルワールド)行きの
バスに乗れば一番徒歩が少なくてすむ!しかも早い!
ということに気づいたのです。BTS所要時間約20分から30分。
バスだと早くて10分から15分。ですから、行きはバス、
帰りはBTSで通っています。

で、いつものように昨日もバスにルンルン、と乗っていました。
エアコンバスなのでいつもそれほど混んでいないし、
席も空いています。そして、しばらくしていると、後ろの方から

『※■△☆◎※□#%~』(←タイ語。私にはこう聞こえる)

という雑音が。気にしないでいると、なにやらしつこい。

『※■△☆◎※□#%~』

なんやねん~。
私は左の列の一番前の席に座っていたのですが、
気づくと右側の一番前の席の男の人が私に向かって
何かを伝えようとしている??え、なによ??

と、視界の端にオレンジ色の僧侶服のお坊さんの姿がありました。

え、私のこと??なにが何やらわからず、その場の雰囲気だけで
自分が席をお坊さんに譲らねばならないことを感じ取りました。


ここがポイント。

これを感じ取った私ってすごくない!?
なにも言葉を理解していないのに、自然と理解できたわっ。

後からタイ人のスタッフに聞いてみたら、やはりバスにはタイ語で
バスの一番前の席はお坊さんがきたら譲るべし、と書いてあるそうですが、
まぁそんなの外国人は読めないやね。(タイでは常識。)
ってか、そんなローカルなバスに外国人が乗ってるなんて思わんのでしょうね…。
(どうせいつもタイ人に間違われる…)
確かに空港の待合席など、公共の交通手段では
お坊さん専用席などもありますよね。
皆さん、バスでお坊さんを見かけたら席を譲りましょう。

人気Blogランキングに参加中です♪
クリック=応援いただけると励みになります!
■■■だ~から妙にいつもこのいい席空いてるじゃん♪と思っていたら
お坊さん席だったのね…。お坊さんがいないときは普通に座っても
いいらしいけれど、きたら譲る、という感じらしいです…。

[PR]
by rota_bkk | 2005-05-11 13:23 | ★カルチャーショック★