Cafe De Bangkok
Top
優待カード各種
今ではいろんなお店でポイントカードなどが普及して、
お財布は各種ポイントカードなどでパンパンになってしまうことも
多いのではないでしょうか。

日本にいたときは、ビックカメラやら、ヨドバシカメラ、さくらや、各種あって、
池袋に行ったりすると、買い物しているときにはえーと、今どこにいるんだっけ?
と混乱することも多々…。

さて、バンコクでも結構変わりありません。
私の持っているメジャーな優待カードをちょっとご紹介します。
どちらかというと、ポイント集めるというよりは、ディスカウントの優待が受けられるものが
多いですね。
b0000374_1554818.jpg

エンポリアムカード(年会費50バーツ、更新20バーツ?だったかな)
一番上のゴールドのカードです。クラブタイランドに加入していると
無料で作れるらしいですね。
エンポリアムデパート店内の直営店の正規プライスから5%割引。食品も含みます。
エンポリアムに入っているテナントショップ、ブランドショップには
適応されません。また、セール品も対象外です。

◆セントラルカード(旅行者もインフォメーションセンターで、すぐに作れます。)
こちらもエンポリアムカード同様、セール品以外は5%割引。

SPOTカード(TOPS系、MARKETPLACE系などで無料で作れます。)
お買い物をTOPSや、MARKETPLACEでする方は、
レジ店員のあまりのしつこさに辟易して、おつくりになった方も
多いのでは?とにかく、レジでの会計時にこのSPOTカードを持っていないと、
『もってないの~、アナタ』
みたいな、排他的な目で見られること請け合いです…。
こういうカード類を作るのは面倒くさいのでしばし避けていましたが、
あまりのウザさに、負けて、作ってしまいました…。
どうやら割引価格表示を適用するにはこのカードを保持している必要が
あるらしく、割引しているかと思いきや、このカードがない人は
通常料金になる、というような仕組みです。
期限までにトータル何バーツ消費するとクーポンをもらえたり、
商品と交換したり、(いまいちポイントがたまっているのかどうかは
不明なのですが…。)専用マシンで、お買い得商品リストを受け取ることも可能です。
毎回レシートには、Khun○○、今回のお買い物で○○バーツの節約ができました!と
表記があり、なんとなく得した気分にはなりますよね…。
まぁ気分だけなんでしょうけど。

このほかに、ゴルフなどされる人は、クラブタイランドに加入すると
すぐに元が取れるらしく、お得みたいです。
クラブタイランドはレストランやスパ・エステなどにも適応できるので、
タイによくゴルフにいらっしゃる方はぜひお試しください♪
[PR]
by rota_bkk | 2005-01-23 01:55 | ★タイ★